不必要なソフトが付かない、海外メーカーパソコンを選ぶ

2013.12.30|オススメパソコンの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

images

パソコンを購入するうえで、国内メーカーではなく海外メーカーのパソコンを買うようにしています。

その理由は、国内メーカーのパソコンは、必要の無いソフトが沢山入ってる傾向が強いからです。それに比べて、海外のメーカーは、必要のないソフトは入っていなく性能を重視したパソコンが店頭に置いていることが多いのです。店頭にある国内メーカーのパソコンと海外メーカーのパソコンで同じスペックにも関わらず、大きく値段が違うことがあります。これは、入っているソフトの違いだと言えるでしょう。

たまに海外のメーカーだと、保証の心配をするひとがいます。ですが、海外のメーカーだからといって保証が受けられないわけではありません。私は実際に海外メーカーのパソコンを購入して保証を受けたことがあります。その際、日本人のオペレーターの方が本当に親切にしてくださったのをよく覚えています。4年前に購入したパソコンですが、今でも問題なく動いています。また、当時のなかでは高スペックのものであったので、まだしばらくは使えると思います。

国内メーカーが好きだというひとは、それを購入したら良いと思います。ですが、よく分からないでパソコンを購入するのだとしたら、海外メーカーを購入したほうが絶対に良いと思います。パソコンは決して安い買い物ではありません。購入をするなら、賢く買いたいものです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL